フィリピンでのタクシーの乗り方に対する注意点

フィリピン留学中に留学生の方がメインで乗られる移動手段として「タクシー」があります。

今日は、そのタクシーに乗る際の注意点をお伝えしたいと思います。

 

フィリピンのタクシーですが、乗り方は日本と一緒になります。道で空いているタクシーがあれば

手を上げて(指を上げて)捕まえることができます。そして乗り、行き先を告げます。ここまでは

一緒ですよね。

 

ここからが注意点になります。

 

注意点その1:メーターをつけているかどうかをチェック!

多くの留学生、観光客の方が騙されるのは、このメーターをつけて走っているかどうかです。

もしメーターを付けないで走られた場合、言い値で料金を請求されます。と言いましても

300ペソ、400ペソ(日本円で約1,000円)ほどの安いものではありますが、それでも、言い値で

請求された場合には、良い気持ちはしないものです。その為、タクシーが走りはじめたら、必ず

メーターをつけて走っているかどうかの確認をお願いします。もし、メーターがつけられていない

場合には、メーター、メーターと言ってメーターを付けて頂くようドライバーさんへお伝え

下さい。もし、それでもメーターを付けないようであれば、降りてしまいましょう。降りるのは簡単ですし

タクシーはたくさん走っていますので簡単に見つけることが可能です。降りる時には「get off」と

言えば大丈夫です。この単語だけは覚えておきましょう。

 

さて、目的地へ無事到着したとします。ここで注意点がまたあります。

 

注意点その2:細かいお金を用意しておこう。(200ペソ以下の紙幣なり、コイン)

タクシーおドライバーさんはお釣りを用意していないことが多々あります。その為、大きなお金、

例えば、500ペソや1000ペソなどをドライバーさんへお渡ししますと、お釣りが無いと言われる

事もしばしばあります。なくなく500ペソを渡さざる負えない場合も状況によってはあるでしょう。

その為、タクシーに乗る際には、細かいお金を持っておくことも重要です。

 

さて、最後です。そう、まだ注意点も有ります。それは何かといいますと

注意点その3:降りる際には自分の席を再チェック(落し物が無いかどうか)

タクシーで万が一、荷物を忘れた場合、基本的には戻ってこないと思ってください。日本では

タクシー会社へ電話をすれば、荷物が戻ることは当たり前かもしれませんが、ここフィリピンでは

逆に先ず荷物が戻ることはありません。その為、タクシーを降りる際には、自分が乗っていた先の

周りをもう一度確認するようにお願いします。

 

これがタクシーを乗る際の注意点となります。忘れないようにしましょう!

 

IMG_3260


トップページ » 現地お楽しみ » フィリピンでのタクシーの乗り方に対する注意点

PAGE TOP